食べ物を食べると必要な栄養素を吸収したのちに、不要な部分は便として排出される事になります。排出がうまく行われずに腸に便がたまったままの状態の事を便秘といいます。腸にたまった便は、発酵して毒素を発生させます。発生した毒素は血液を通って体中にいきわたる事になります。便秘がちとなると肌荒れが起こりやすのは、血液を通って送り込まれてきた毒素が皮膚表面に達する事が原因となっています。便秘は、排出機能や腸の機能の低下が原因であるので、改善するためにはこれらの機能を整える方法が有効となります。